書籍

ごみを出さない気持ちのいい暮らし 

山戸ユカ 著/西村千恵 著/高砂雅美 著/渡貫淳子

ジャンル:

環境問題を考え行動する6名の著者が、ごみを出さないために実践しているマイルールを紹介。野菜は丸ごと食べきる、買い物には容器を持参するなど自分にできることから始めれば、気持ちのいい毎日が送れる。

定価(税込)
1,650円
発行日
2022年6月20日
判型
A5判
ISBN
978-4-259-56729-3

在庫あり

カートに入れる

著者プロフィール

山戸ユカ(ヤマトユカ)

料理家。東京都で生まれ育ち、山梨県北杜市に移住。八ヶ岳の麓で、地元産の有機野菜を使った玄米菜食を中心としたレストラン「DILL eat,lIfe.」を営む。一昨年より、添加物を使わないトレイルフードブランド「The Small TwIst TarIfoods」を立ち上げ、好評を博す。お店では地元の生産者の野菜のほか、抗生物質や遺伝子組み換えのえさを使わずに育てられた鶏肉、平飼いの卵。ニジマスなど地元で取れる魚などを使用。

西村千恵(ニシムラチエ)

「ファームキャニング」代表。東京都出身、逗子在住の3児の母。高校時代のドイツ留学で、田舎のエコハウスに住むベジタリアンのホストマザーと出会い、その生き方に影響を受ける。その後、オーガニック、フェアトレードなどエシカルな分野に従事。逗子に移り住み、2016年に「ファームキャニング」を設立。規格外で廃棄される無農薬の野菜を使ってビン詰めを作るなど、“もっと畑を日常に”をコンセプトに幅広く事業を展開している。

高砂雅美(タカサゴマサミ)

東京都渋谷区在住。写真家の夫と長女との3人家族。夫の撮影に同行する形で世界各地を巡り、いつしか環境問題に興味を抱く。「誰も、何も、責めることなく、完璧を目指さず、一歩ずつ」をモットーに、プラスチックごみ削減のためにボランティアで新聞紙バッグ作りを行うなど、地に足のついた、独自のアプローチで環境問題にアクセスする。毎日のプラスチックごみの記録をアップするインスタグラムが好評。

渡貫淳子(わたぬきじゅんこ)

青森県八戸市生まれ。「エコール辻東京」を卒業し、同校の日本料理技術職人に。その後、結婚、出産を経て調理師としてキャリアを積む。30歳を過ぎた頃より、「南極に行きたい」との思いを抱き、一般公募の調理隊員への応募をはじめる。3回目の挑戦で合格し、2015年に南極へ旅立つ。1年半に及ぶ南極での生活を綴った著書『南極ではたらく かあちゃん 調理隊員になる』(平凡社)を刊行。その経験を生かし、講演活動等も多数。