『やさい畑』ってどんな雑誌?

菜園生活による豊かなライフスタイルを提案します「やさい畑」

2002年に創刊した日本で最初の家庭菜園雑誌『やさい畑』は、菜園生活を通じて「自然と暮らす豊かなライフスタイル」を提案する雑誌です。 主たる読者である地域住民、都市住民に農業・農村情報を発信し、都市と農村をつなぐ役割も視野に入れながら制作しています。

編集企画のキーワードは3つ

育てる

[栽培技術の基本]

野菜の基本的な育て方、土や肥料、道具や資材など、初心者向きに栽培の基礎知識をわかりやすく解説

育てる

[栽培技術の応用]

有機農法による栽培技術、伝承農法による裏ワザの紹介、さまざまな栽培実証記事など、家庭菜園の中・上級者レベル向けの企画

食べる

[料理・加工・健康]

家庭菜園で育てた野菜を使った料理や加工法、地元農家ならではのおいしい食べ方、野菜の健康面での効能の紹介など

楽しむ

[自然・暮らし・グッズ]

昔の農家が実践していた暮らしのアイデア、野菜づくりをさらに楽しむための商品やイベントの紹介など

やさい畑大賞 結果発表

やさい畑大賞 結果発表

『やさい畑』創刊15周年を機に、全国の家庭菜園愛好家のみなさんに独自のアイデアや栽培実験のレポートを募集したところ、ユニークで実用的なアイデアが多数、寄せられました。木嶋利男審査委員長、菜園記者、編集部による厳正な審査の結果、応募73篇の中から、10名の方々が入選されました。

 

総評

 栽培法だけに止まらず、作付け計画、道具の発明など応募内容が多岐にわたっており、時を忘れて拝見しました。審査にあたったわれわれの想像を超え、独創性に富んだアイデアの数々は甲乙つけがたく、選定にはとても苦労したことをお伝えしたい。そんな中、入選のポイントとしたのは3点です。①ユニークな栽培法であること、②一定以上の結果が示されていること、③特別な設備や資材が要らず、読者のみなさんがとり入れやすいこと。野菜づくりは100人いれば100とおりのやり方があるもの。間口は広く奥が深い世界だと改めて思わされました。みなさん、ありがとう。(審査委員長 木嶋利男)

             

受賞者

●大 賞……1名

 ダイコンの紙筒栽培  山形県米沢市 吉田 悟さん

 

●優秀賞……6名

 一まきで二度おいしいネギ栽培  大阪府交野市 矢寺成次さん

 短期間タマネギ栽培法  青森県八戸市 坂本浩一さん

 サトイモとジャガイモ マルチ同時栽培  石川県七尾市 石田幸代さん

 サツマイモの囲い栽培  埼玉県川口市 伊達宏也さん

 ゴボウの楽々栽培  群馬県安中市 五十嵐秀行さん

 夏野菜の曲げ支柱栽培  神奈川県横浜市 龍野 健さん

                  

●佳作……2名

 スイカのコンクリート上栽培  栃木県小山市 廣瀬 豪さん

 竹の徹底活用  福岡県福津市 髙田志伸さん

 

●編集部特別賞……1名

 害獣対策道具の発明など  兵庫県神戸市 松崎裕行さん

             

その他

やさい畑大賞、優秀賞の7篇は、『やさい畑』2018年冬号(11月2日発売)より順次、詳しい内容を掲載しますのでご期待ください。

 

●問い合わせ先

一般社団法人 家の光協会 やさい畑編集部

TEL:03-3266-9146

           

                     

別冊

バックナンバー

2018年 秋号

〈特集〉畑が生まれ変わる 理想の堆肥

2018年 夏号

〈特集〉栽培力底上げ教室

2018年 初夏号

〈特集1〉生育不良も病害虫もこの手で解決 夏野菜の超回復術