食農教育紙芝居コンクール

食農教育の現場で使える紙芝居を、個人で、グループで、どしどしご応募ください!!

紙芝居は昭和の夕暮れの街角でその歩みを止めてしまったのでしょうか? 答えは「ノー」です。今、紙芝居の魅力が改めて見直され、幼稚園や小学校ばかりか、福祉施設や病院、公園などでもさかんに上演されています。

家の光協会では、2010年より、子どもたちに「いのち」や「食べ物」の大切さ、「農」のすばらしさを、わかりやすく、楽しく伝えていくため、「食農教育紙芝居」の募集と懸賞を行っています。

8回めとなる今年も食と農の楽しい紙芝居を大募集しますので、今後の募集案内にご注目ください(募集期間は、7月~10月頃を予定)。
また、過去7回のコンクールの入賞作品を、どなたでも無料でダウンロードしてご活用いただけます。

募集について