書籍

機嫌よくいられる台所 家事をラクにするためのマイルール 

ワタナベマキ 著/高橋みどり 著/福田春美 著/坂井より子

ジャンル:

料理や暮らしの仕事に携わる6人の著者が、段取りや整理術、道具の選び方など台所にまつわる10のマイルールを紹介。物の配置や習慣を見直せばもっと料理が楽しく、ラクになる。実践しやすいアイデア満載!

定価(税込)
1,650円
発行日
2021年4月20日
判型
A5判
ISBN
978-4-259-56687-6

在庫あり

カートに入れる

著者プロフィール

ワタナベマキ(ワタナベマキ)

料理家。グラフィックデザイナーとしてデザイン事務所に入社。自らの提案で始めたスタッフのお弁当作りが評判になったことをきっかけに、「サルビア給食室」としてケータリングや雑誌の仕事をスタートさせる。その後、本格的に料理の道を進み、数多くの料理本を出版。近著に『ほったらかしでおいしい!蒸しレシピ』(学研プラス)『疲れないからだになる 鉄分ごはん』(家の光協会)など。夫と中学生の息子と3人暮らし。

高橋みどり(タカハシミドリ)

フードスタイリスト。栃木県・黒磯にある「tamise kuroiso」の店主でもある。1957年生まれ。女子美術短期大学で陶芸を専攻。のちにテキスタイルを学ぶ。イラストレーター大橋歩事務所勤務を経てフリーランスに。友人とケータリングの仕事を始め、のちに食を中心としたスタイリストとして独立。著書に『おいしい時間』(アノニマ・スタジオ)、共著に『沢村貞子の献立日記』(新潮社)など。夫婦ふたり暮らし。

福田春美(フクダハルミ)

ブランディングディレクター。北海道生まれ。セレクトショップのバイヤーやプレス、アパレル企業のクリエイティブディレクターなど、ファッション業界で活躍したのち、渡仏。3年半のパリ暮らしを経て帰国し、ライフスタイル全般を手がけるブランディングデザイナーとして活動を開始。地元・北海道のクリエイターやクラフトに光を当てるプロジェクトにも関わっている。著書に『ずぼらとこまめ』(主婦と生活社)。ひとり暮らし。

坂井より子(サカイヨリコ)

主婦。1946年生まれ。神奈川県葉山在住。子育てが一段落した30年前、自宅で料理教室を開催したことをきっかけに、家庭料理の作り方や暮らしの知恵を伝える活動を始める。主婦歴50年の経験と学びを生かした言葉は世代を超えて多くの共感を呼び、雑誌や書籍などで広く取り上げられるように。著書に『暮らしをつむぐ より子式・日々の重ねかた』(技術評論社)などがある。夫と娘夫婦、息子夫婦、孫3人との3世帯同居、9人暮らし。