書籍

狭い畑で病害虫を防ぎ品質・収量アップ 連作でよく育つ野菜づくり 

木嶋利男

ジャンル:

連作障害の原因と対策を知れば、狭い畑でも高品質・多収量栽培を目指せる!連作障害が起きる仕組みから土づくりのコツ、連作に強いおすすめの品種や植え合わせ予防法までイラストを中心にわかりやすく解説。

定価(税込)
1,870円
発行日
2021年1月20日
判型
A5判
ISBN
978-4-259-56673-9

在庫あり

カートに入れる

著者プロフィール

木嶋利男(キジマトシオ)

1948年、栃木県生まれ。東京大学農学博士。栃木県農業試験場生物工学部長、自然農法大学校長を経て、現在はMOA自然農法文化事業団理事。科学技術庁長官賞、全国農業試験場会長賞などを受賞。有機農業・伝承農法などの研究・実証を行っている。著書に『伝承農法を活かす家庭菜園の科学』(講談社ブルーバックス)、『増補改訂版 伝承農法を活かす マンガでわかる家庭菜園の裏ワザ』『伝承農法を活かす 野菜の植えつけと種まきの裏ワザ』『野菜の品質・収量アップ 連作のすすめ』『育ちがよくなる!病害虫に強くなる!植え合わせワザ88 決定版コンパニオンプランツの野菜づくり』『昔農家に教わる野菜づくりの知恵とワザ』(いずれも家の光協会)などがある。